英語教師の英語勉強法

脱サラした英語教師の戦いです

【英検1級・2017年度第2回】難易度・感想

英検を受験したみなさん、お疲れさまでした!

英検1級を受験したので、感想を書きます。

大問1: 易

難易度は例年と同じくらいか、簡単になったと思います。

英検1級の語彙問題は、単語が21つ、熟語が4つです。

解答速報より、25問中21問正解しました。

間違えたのは、下の4つ。

(9) invincible (17) snag (23) did up (25) struck on

invincibleとdid upは、勉強に使っていた参考書にあったので、正解したかった...。

大問1の解答速報はこちら。

www.eiken.or.jp


大問2: 難

ヒラリーとトランプの選挙の話と、生産性の矛盾についての話でした。

個人的にはかなり読みにくく、8分×2で読もうと思っていましたが、両方で27分使ってしまいました。完全に失敗しました。時間の割には6問中3問しか正解できず、撃沈しました。

CELによると、簡単だったらしいですが...。無念。


大問3: 難・難・易

今回は、チャーチル・刑務所・ディープラーニングについての読解問題でした。

ディープラーニングについては、教員ということもあり、15分くらいで全問正解できましたが、他のは1問ずつしか正解できませんでした。

10問中6問しか正解できず、大問2の失態を挽回することはできませんでした。


大問4: 普通

TOPIC : Should developed nations encourage immigration from other countries?

TOPICは移民問題についてでした。比較的書きやすい内容だったと思います。が、ぼくは苦戦しました。

ぼくは肯定の立場で文章を書きました。根拠は、

働き手になること 英語が得意な移民は、日本の企業の助けになること 発展途上国の人から見ると、給与アップになること

①は大丈夫だと思いますが、②と③は自分で見ても微妙だと思います。

内容で減点されなければ70-80%くらい取れてると思います。


時間配分

大問1: 11分
大問2: 11 + 16= 27分
大問3: 19 + 9 + 14 = 42分
大問4 : 20分

大問2の時間配分をミスりました。あと、読解問題も難しかった。今年の6月に受けた準1級では読解問題も満点でしたが、まだまだ1級のレベルには達していなかったようです。


リスニング Part 1: 難

正直全然聞き取れませんでした。結果は10問中6問正解でしたが、ほとんど運です。


リスニング Part 2: 難

最初の(A)以外は全然わかりませんでした。

実力不足が否めない。10問中4問のみの正解でした。


リスニング Part 3: 易

Part 1とPart 2に比べれば簡単でした。間違えた問題(No.24)以外は自信があって答えることができました。

5問中4問正解できました。


リスニング Part 4: 難

Part 1とPart 2が対応できない人にとっては、何を言っているのか全くわからないインタビュー形式の問題。相変わらず意味不明。

運もなく2問中0問となりました。


リスニング 総括

全体として歯が立ちませんでした。

おそらく不合格になったと思うので、リスニングを一から鍛え直していきます。


まとめ

リーディング
大問1: 21/25 (84%)
大問2: 3/6 (50%)
大問3: 6/10 (60%)
トータル: 30/41 (71%)

リスニング
Part 1 : 6/10 (60%)
Part 2 : 4/10 (40%)
Part 3 : 4/5 (80%)
Part 4 : 0/2 (0%)
トータル : 14/27 (52%) ダメダコリャ..

ライティング
70-80%くらい ?

ぼくが合格する確率は1%もない状態です。

1月の英検を目指して頑張ります。

saijaku-english.hatenablog.com