読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラ英語教師

脱サラした英語教師の戦いです

日本人が間違いやすい「funとfunnyとinteresting」の違いとは?

高校で英語を教えている最弱教師です。

日本人が間違いやすい「fun・funny・interesting」の違いについて、解説します。

It is fun/funny/interesting to read comic books.


「マンガを読むことは面白い」を英語で?

マンガを読むことは「面白い」を英語にするとき、funとfunnyとinterestingのどれを使えば良いか、一緒に考えてみましょう。


fun

funは名詞です。「楽しい」「面白さ」などを表します。

funは数えられない名詞(不可算名詞)なので、"a"はつきません。

It is fun to read comic books.

マンガを読むことは面白い。

特にこの表現は問題ありません。


funny

funnyは形容詞です。(人を笑わせるような)面白さを表します。

That is a funny story.

それは笑い話だ。


「マンガを読むことは面白い」という文に対して、funnyを使うことはよさそうに見えますが、すべてのマンガが人を笑わせるような面白さがあるとは限りません。

もちろん、そのようなマンガもありますが、恋愛や心霊を扱ったマンガもあるので、ここではfunnyではなく、funを使った方が適切です。


interesting

interestingは形容詞です。知的好奇心を引き起こすような面白さを表します。

It is interesting to observe the stars through a telescope.

望遠鏡で星を見るのは面白い。


望遠鏡で星を見てゲラゲラと笑う人はいないと思います。interestingは例文のように、知的好奇心がくすぐられるような面白さを表します。


このことから、「マンガを読むことは面白い」という文に対して、interestingを使うのは適切ではありません。

もちろんマンガの中には知的好奇心を刺激するものもありますが、一般的には娯楽でマンガを読むことが多いのでfunを使うのが適切でしょう。


まとめ

fun: 面白い
funny: 人を笑わせる面白さ
interesting: 知的好奇心をくすぐる面白さ

すべての単語の意味を「面白い」という和訳だけで覚えていると区別がつきません。

きちんと、それぞれの単語が持っているコアの意味をとらえるようにしていきましょう。